若い方の入れ歯

  • HOME
  • 若い方の入れ歯
若い方の入れ歯

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

インプラントの登場と普及により、入れ歯が“インプラントより劣っている治療”というイメージが強調されている風潮があります。
まずは当院で入れ歯のよさも知っていただき、その上でより患者様に合った治療法を選択されることをおすすめします。

  • 仕上がりが自然なものになるのか不安がある
  • 人に入れ歯を使っていること知られたくない
  • ちゃんと噛めるのか不安
  • 保険の入れ歯は長持ちしないと聞いたことがある
  • ズレたり、ガタついたりしないの?
  • 人前に立つ仕事なので見た目と発音を維持したい

若い人が歯を失う理由は?

若い人が歯を失う理由は?
歯を失う原因として挙げられるのが、虫歯、歯周病、事故です。
全体としてもっとも多いのは歯周病による歯の欠損ですが、若い方の場合は、虫歯を放置したために歯を失ってしまうケースが多いようです。またその背景には、さまざまな理由によりセルフケアを怠っていたり、定期健診に通えていない実態があります。
見た目のよさという面でも、食べる・しゃべるといった機能の面でも、インプラントや精密な入れ歯は天然歯には敵いません。定期的に歯科健診に通い、まずはご自身の大切な歯を守りましょう。

入れ歯はお年寄りの治療とお考えになっていませんか?

30代、40代の入れ歯人口
歯を失って受診された若い方に、入れ歯をご提案すると驚かれることがあります。
30代、40代の方は、「入れ歯はお年寄りの治療」とお考えになっていたり、「歯を失った=インプラント」とお考えになっていたりして、最初から入れ歯治療を選択肢から除外されていることが少なくありません。
しかし当院では、年齢にかかわらず、入れ歯もインプラントと横一線で検討すべき治療法だと考えます。
実際に、30代、40代の方で部分入れ歯または総入れ歯を使用されている患者様は60万人にものぼります。
「まわりに入れ歯をしている若い人はいない」と感じるかもしれませんが、それだけ多くの方に愛用され、また見た目や機能性に優れた入れ歯が誕生しているということでもあります。
入れ歯にしてみたいのでもっと詳しく話をきいてみたい、入れ歯とインプラントでまだ迷っているという方は、ぜひ一度、神戸市兵庫区の三戸岡歯科医院にご相談ください。

お悩み、ご希望に応じたご提案をいたします

問題がなくても
30代、40代の方の患者様がもっとも気にされるのが、入れ歯の「見た目」です。しかしもちろん、ズレやガタつきの少なさ、耐久性、使い勝手など、患者様によって優先したいポイントは異なります。
三戸岡歯科医院では、患者様のお悩み・ご希望に応じた入れ歯のご提案をしております。場合によっては、ノンクラスプデンチャーの床部分に金属を使用するといった工夫で、患者様にとってのベストな入れ歯ができあがることもあります。あるいは、インプラントやブリッジでの対応も可能です。
そもそも入れ歯治療とはどんなものなのか知りたい、入れ歯の種類で迷っている、治療用義歯に興味がある、インプラントやブリッジと比較して検討という方は、年齢にかかわらず、どうぞお気軽にご相談ください。
pagetop